FC2ブログ

「人外結婚式」の巻

さる2018年11月4日、近藤顕彦さんという方が初音ミクと結婚式を挙げました。

今回ご縁があり、その方の披露宴の曲を制作したので、
その事について書きたいと思います。
個人の感想です。ちょっと長いです。

■制作に至る経緯
僕の出身地であり、近藤さんの勤務地である松戸市の繋がりで今回のやりとりを行いました。
数年前に祭りでお会いした方がまさかテレビやらネットニュースに出ているとは思わず、
友人から「おどP会った事あるじゃん」と言われて気がつきました。

松戸市はコンテンツ産業に注力していこうという流れがあり、
せっかくの松戸繋がりという事もあり何か力になれないか、
と僕からお声がけしました。

実際お困り事があったらしく、披露宴での楽曲使用に関しては著作者への許諾などが必須で、
個人制作のボーカロイドの曲は作者個人に確認を取る必要がありました。
使用したかった曲は作者への確認が取りづらいという現実があり、
じゃあもうゼロから作りましょうという話になりました。
こうすると僕が最初の段階で全て許諾すれば権利関係は全てクリアできるからです。
これが制作に至った経緯です。

■曲について
ピアノソングの希望があったため、ピアノがメインとなる曲を制作しました。
とはいえ、僕のメイン楽器はギターのため、ピアノパートは友人に依頼。
もっといえば今回アレンジも丸投げしてみました。
ですので、いつもの僕の曲とは少し雰囲気が違うかもしれません。

■曲のコンセプト
近藤さんのお話を伺って感じたのは「未来のおとぎ話だな」という事。
SFと言い換えてもいいかもしれません。
人間と「そうでない者」が式を挙げるというのは、
僕はフィクションの中でしか知らないです。

この感想を元に曲のタイトルをそれぞれ
「once upon a future time」
「happily ever after」
としました。

これは「昔々あるところに~」「めでたしめでたし」という
おとぎ話の枕詞の英訳を意識しています。
「未来のおとぎ話」をコンセプトとしました。

■個人の感想です
打ち合わせの前にインタビューなどを読みました。
そして実際に打ち合わせをした後に感じたのは、
ものすごく真面目に結婚式をやろうとしているコト。

やっているコトは確かに突飛なコトなので「ネタ」と
されてもおかしくないのですが、
とても茶化すような内容ではありませんでした。
というか、普通の結婚式はネタじゃできませんしね。

式に参列された方は一様に「真剣そのものだった」と言ってました。
この辺の空気感は参加しないとわからないと思いますが、
真摯に取り組んだ結果が実を結んだのではないでしょうか。

色々な話を各所から聞いていると、決して好意的な意見ばかりではありません。
「やるなら黙ってやれ」「キモい」「何と結婚する気なんだ」
誤解を恐れず言うならば、客観的に見たら僕も概ね同意見です。
叩かれるようなコトをわざわざやらなくてもよいのでは?と感じていました。
(と同時に、面白いコトやる人もいるんだな、とも思いました)

「わざわざ注目される必要はなく、それによって他のボカロファンにも迷惑がかかる」
否定派の意見は概ねこんな感じでしょうか。

冷たい言い方をすれば僕は「どっちでもいい」です。
なぜなら僕は迷惑をかけられたと思っていないから。
結婚式でも何でも好きにやればいいと思います。

ただ色々と調べていて感じたのは、真剣に結婚式に向けて
取り組んでいる近藤さんを誰が笑えるのだろうか、というコトです。
ご本人は至って真面目で、一切の茶化しが無く結婚式へ突き進んでいました。

これをファンの暴走と捉える人も居ると思います。
でもね、「暴走」だとして、それなりのお金払って結婚式やる人は近藤さんでしょ?
挙式に至る経緯と金銭だけの話をした時に、近藤さんは他の人に迷惑をかけたのか?
たまにファンの口から出る「ウチのミクさん」というのは何なのか。
この話でいけば、結婚式を挙げたのは「近藤さん家のミクさん」というコトですよね。
であれば、略奪婚をしたわけでもないし、僕は別にいいんじゃないかと思います。
(世間一般の概念的なボカロの話を持ち出すとキリがないので割愛します)

これは何度もSNSで言ってるんですが、大前提として、
結婚式って祝福されるべきものだと思っています。

難しい話だと思うし、様々な意見があっていいと思うんですが、
まずは結婚という話なので「おめでとう」から始まる議論であってほしい。
どうしても祝福できない人も居るでしょうけど。

■さいごに
長々書きましたが、単純に面白いコトに関われて良かったと思ってます。
僕はSFが好きなので、人外結婚式というこのシチュエーションだけでもかなり興味深かった。

「SFおとぎ話」の一発目に関われたコトに感謝します。
そのうち曲もUPするから聴いてね。
スポンサーサイト