スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アメリカデビューしてきました」の巻

AX2012で全米デビューしてきました。


「ロサンゼルスで新曲のワールド・プレミア上映しませんか?」
2011年末、とある飲み会で知り合った、今回のイベントの主催さんの
一言が今回のコトの発端。

アニメエキスポ(通称AX)は、毎年開かれている「コミケアメリカ版」。
そこに参加している日本の方々が、ボーカロイドの紹介をしていると。
昨年はペンギンプロジェクトさん達が参加しました。

この中で、「the sound of the future」というパネルを
行なっており、そこでスピーチと新曲の披露ができるよと。

最初は少し悩んでいたんですが、「ワールド・プレミア」という言葉に
すっかりやられてしまい、僕は初のアメリカ行きを決意しました。

渡米するにあたり、イラストレーターのキョー介さんも
同行するコトになりました。
AXでの新曲にもイラストをつけてくれているし、英語もペラペラ。
なら一緒に行こうぜと。

というコトで参加したAX2012。
他にはアゴアニキ、Dixieさん、かごめPさん、
デッドボールPさんが一緒にイベントに参加しました。

とにかくすごかった。
朝早い時間帯だったにも関わらず、3000人入る部屋に1500人近く集まり、
スピーチにもちゃんとリアクションしてくれて、そして食い入るように
曲を見てくれました。

時間の関係で質疑応答がなくなりましたが、その代わりに
終了してから会場の外でサインと写真と質問攻めにあいました。
囲まれたよ!!マジで!!

何これ・・・そんなに優しくされたら、あたし勘違いしちゃうよ?

みんなYouTubeなどを通して、僕の曲を聴いてくれていて、
それがすごいコトだと思ったし、不思議な気分だったし、
それ以上に何より嬉しかった。

仕事の都合もあって少し短めの滞在ではあったものの、
とても貴重な体験が出来たコトは間違いありません。

一緒に参加したキョー介さん、アゴアニキ、かごめPさん、デPさん、dixieさん。
「the sound of the future」主催の正木さんをはじめとしたスタッフのみなさん。
出発前に応援したり激励してくれた友達、そして現地のファンのみなさんに
最大級のありがとうを送ります。

このイベントについての詳細は、ディレクターズカット版というコトで
ボーマスなどのイベントに向けて小冊子を作ろうと思います。
乞うご期待!

* * *

ひとつだけ印象に残った出来事を。

カナダから来たという男の子が、
「「1/6」は僕の人生を変えてしまうくらい、
衝撃とインスピレーションを与えてくれたんだ」
と言ってくれました。

すごく嬉しかったけれど、それは僕も同じだ。
こうやって聴いてくれる人達が、
僕にチャンスとパワーを与えてくれて、


僕の人生を変えてくれたんだぜ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。