スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「感謝祭ありがとうございました」の巻

「ミクの日大感謝祭」が終了しました。


ご来場されたみなさま、お疲れ様でした。
また、ニコ生やパブリックビューイングで
参加されたみなさまもお疲れ様でした。

僕は9日に参加させて頂いたんですが、
当日は昼も夜も会場の熱気がすごくて。

特に夜はすごかったです。
盛り上がり方が開演前からハンパない。

そんな中、僕は代表曲である「1/6」で参加させて頂きました。

2年前、メドレーで参加させて頂きましたが、
今回、ついに念願叶ってフルバージョンが演奏できました。

手が震えたし、足も震えました。
少なくとも、リハーサルでこの状態という。

そりゃそうです、だって会場だけで昼と夜で合計6000人、
夜に至ってはニコ生やパブリックビューイングまであったんですから。

でもね、それ以上にやっぱり楽しかった。
始まったら緊張以上に楽しさが湧いてきて。

みんなの顔って結構ステージから見えるんですよ。
みんな笑っていて、そして口ずさんでいてくれたのが見えました。
ちゃんと、見えました。

ソロ後に手拍子を打ちましたが、
この時の一体感、すごくすごく、感動した。

上の席からアリーナまで、
みんながみんな、
僕の曲でひとつになってくれたような、
そんな気持ちになって。
それがすごくすごく嬉しくて。

真面目な話、ステージで泣きそうになりました(笑)
それくらい色んな感情が混ざってたんですよ!

夢のようなライブが終わって、
打ち上げにも参加させて頂いて、
ミクさんファンの方々とも交流させて頂いて、
本当に1日、楽しかったです。

* * *

タイトルは「感謝祭」じゃないですか。
じゃあこの感謝って、誰が誰に向けたものなんだろう。

そんなコトをここ数日考えてました。
僕の場合、誰に感謝するんだろう、と。

お声がけ頂いたスタッフの方々。
僕の曲を支持してくださったリスナーの方々。
僕に「1/6」という曲を作らせてくれた人。
周りの友達。
大切な人。

そしてこれらをもたらしてくれた
「VOCALOID」という架空の、でも実在している存在。

要するに、全ての全てなのかなって。

リスナーはクリエイターに感謝して、
クリエイターはリスナーに感謝して、
それを繋ぐ「VOCALOID」に感謝して、
そうやってみんながみんなに「ありがとう」
という気持ちを以てして、
このライブは実現できたんじゃないかなって、
僕はそう思っています。

次回があるかはわからないし、
人気が出るような曲が作れるかもわからない。
何より僕が活動しているかもわからないし、
先はまったくわからない。

けれど、もし次があるのなら、
またいつか「1/6」のような、
誰かの心にたくさん届いてくれるような、
そんな曲を僕は作りたい。
そして、そんな曲を引っさげて、
またステージに立ちたい。

アマチュアが故に、そういうエゴを貫いて(笑)
またちまちまと曲を作っていきたいです。

本当にみんな、心の底から、


ありがとう。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。